JTBがVRを活用した接客サービスを九州12店舗にて開始







株式会社JTBと株式会社JTB情報システム、ナーブ株式会社の3社は、VR(バーチャルリアリティ)を活用した接客サービスを九州6県のJTB12店舗にて8月20日(月)より開始したことを発表しました。

このサービスでは来店した顧客に、海外ホテルの客室、外観、レストラン、プール、ラウンジなど360度のVR映像を体験してもらい、これまでパンフレット等でしか見る事の出来なかった情報を、実際に現地に行ったかのような感覚を得ながら旅行相談することが可能になります。
パンフレットでのイメージと顧客の現地での体験のギャップを埋めることもでき、ホテル選びの段階で顧客のニーズにマッチした選択が出来るようになります。
また、旅行出発までの期待値を高めることで、今まで以上に満足度の高い旅の提案を行えるとのこと。

VR映像の体験は、ナーブが提供するVR専用端末「CREWL(クルール」を使用。

CREWL(クルール)

閲覧するVR映像は店舗スタッフのデバイス画面にも常時共有される為、スタッフとコミュニケーションを取りながら一緒にVR体験も可能。
本実証実験は2018年8月20日から約3ヶ月間実施される予定です。

■導入店舗(計12店舗)

【福岡】①トラベルゲート天神 ②岩田屋本館店 ③博多マルイ店 ④小倉店 ⑤井筒屋旅行センター小倉店
⑥イオンモール八幡東店 ⑦イオンモール筑紫野店
【長崎】⑧長崎店 【大分】⑨大分店 【熊本】⑩熊本店 【宮崎】⑪宮崎店 【鹿児島】⑫鹿児島店

VRを用いた接客サービス

■コンテンツ概要

サービス開始時、VRで閲覧できるコンテンツは、海外ホテルの客室、外観、レストラン、プール、ラウンジなどです。ハワイなど、5方面の計85ホテル約400件の体験が可能です。
・対象地域:ハワイ、ニューカレドニア、タヒチ、バリ、グアム
・対象ホテル:計85
・対象コンテンツ:約400件
※9月からは対象地域にシンガポールを追加予定。さらに対象地域やホテルは今後拡大する予定です。

■関連リンク

ナーブ株式会社
http://www.nurve.jp/

参考株式会社JTB プレスリリース

【Amazon.co.jp限定】起立! 気をつけ! にじさんじ学園! 【JK組水着ver.架け替えカバー付き】
にじさんじ 富士フジノ
KADOKAWA (2018-11-30)
売り上げランキング: 3,854