ハニカムラボがカスタマイズ可能なビジュアルAIソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」をリリース







株式会社ハニカムラボは、カスタマイズ可能なビジュアルAIソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」をリリース。
VAIO株式会社の会社紹介VRコンテンツとして採用されたことを発表しました。

aicontainer(アイコンテナ)は、様々な場面や用途に運用可能なソリューションで、導入したい場所や場面に合わせて、キャラクターや人格、各種機能を作成可能。
適用したい場面に対するカスタマイズ開発についても相談できるとのこと。

aicontainer (アイコンテナ) 公式HP

それぞれがカスタマイズ可能な”VISUAL”、”AI”、”DATA”という3要素から構成されており、それらを組み合わせることで様々な方法でAI機能との連携や、顧客への提供が可能。
例としては、キャラクターと音声会話することで様々な案内を受けたり、取り付けたカメラの前の通行人の数をカウントしたり、その男女比や年代比率を推定したりなど、多種多様な情報を取得・蓄積することができます。
取得・蓄積した内容は管理画面からデータとして取得することができ、各種データ解析の元データとして活用が可能です。

aicontainer概念図

“VISUAL”
任意のキャラクターのビジュアル、人格、動きをカスタマイズ可能。PC、タブレット、VRなどいろいろな表示デバイスに適用可能です。
“AI”
会話内容を理解したり、発言内容を蓄積したり、カメラに映った風景や人・モノを認識する知覚機能。必要な機能はご相談に応じてカスタマイズ可能です。
“DATA”
発言内容、環境の変化、通行人に関する情報等、様々な取得データを蓄積します。

■VAIO本社見学VRコンテンツについて

VAIO本社見学VRコンテンツでは、360度カメラで撮影したVAIO本社内部のいろいろなエリアをVRデバイスを装着することで、ハニカムラボのオリジナルキャラクター「ハニカ」による説明案内とともに見学することが出来ます。
ハニカは軽快なトークと動きでVAIO本社内部を紹介し、楽しみながら本社の雰囲気や様子を知ることができます。

本社正門

社員食堂外ウッドデッキ

aicontainerの本事例への適用内容

・”VISUAL”として、VRデバイスへの適用、360度動画を元にした空間の構築、キャラクター”ハニカ”の採用
・”AI”、”DATA”として、体験者が体験中にどの方向を見ているかを記録し、後に注視点のヒートマップやコンテンツアップデートのためのフィードバックとしてのデータとして活用

■aicontainerの適用イメージ

会社受付

キャラクターを組み込んで、受付で来客対応。また、チャットシステムと繋ぐことで各個人の席へ通知を送るなども可能です。

商業施設の案内

商業施設の通路や広場に設置することで、無人のコンシェルジュに。経路案内や、各店舗の情報、イベントなどを会話ベースで案内できます。

社内業務サポート

社内に蓄積したさまざまなノウハウや、クライアントに関する情報などを入力して、社内情報に精通したエキスパートのような役割を担えます。

■関連リンク

ハニカムラボ
https://www.honeycomb-lab.co.jp/
aicontainer特設サイト
https://www.special.honeycomb-lab.co.jp/aicontainer

参考株式会社ハニカムラボ プレスリリース

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8