バルス、新型コロナウイルスによるイベントサポートとして寄付型クラウドファンディング有料配信『i-STAR FESTIVAL 2020』、有料配信『不可解(再)』の実施を発表







リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するxR Tech(エックスアールテック)カンパニーであるバルス株式会社は、先月28日に発表した新型コロナウイルスによるイベントサポートに関して、寄付型クラウドファンディングでは3月30日、31日に渋谷9会場にてサーキット公演を予定していた『i-STAR FESTIVAL 2020』を、有料配信ではZepp DiverCityにて3月23日に予定していた花譜のワンマンライブ『花譜 1st ONE-MAN LIVE「不可解(再)」』のライブイベントをサービス手数料無料にてサポートすることを発表しました。配信はバルスが運営するライブプラットフォーム「SPWN」にて実施されます。

関連記事:バルス、新型コロナウイルスにより無観客公演や中止を検討しているライブ主催者に向けた寄付型クラウドファンディング有料配信などのサポートを実施へ

■寄付型クラウドファンディング有料配信:『i-STAR FESTIVAL 2020』

【日時】2020年3月30日(月) START:未定
【料金】0円、1000円、3000円、5000円の各種視聴券より任意で購入、公演中の投げ銭
【主催】コニー
【画質】1080p
【詳細】https://spwn.jp/events/200330-istarfes

■有料配信『花譜 1st ONE-MAN LIVE「不可解(再)」』

【日時】2020年3月23日(月)START 19:30
【料金】7,000円
【主催】TEAM FUKAKAI
【画質】1080p
【詳細】https://spwn.jp/events/200323-kaf

なお、引き続きサポートについては募集をしているとのことです。
詳しくは下記のURLよりお問い合わせください。

問い合わせはこちら

■関連リンク

バルス株式会社
SPWN公式サイト

参考バルス株式会社 プレスリリース

【Amazon.co.jp限定】SMASH The PAINT!! 初回生産限定盤 (デカジャケ付)
にじさんじ
にじさんじレコード (2020-03-18)
売り上げランキング: 24