遠隔ライブシステム「SPWN」運営のバルス、東急レクリエーションと事業提携を発表







株式会社東急レクリエーションとバルス株式会社は、リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するため、2020年3月23日付で事業提携することを発表。なお、詳細については本日3月23日に開催される東急株式会社が運営する『東急アクセラレートプログラム2019 Demo Day』に登壇し発表予定です。

■事業提携内容

この度の事業提携では下記3点を中心に双方協力体制のもと事業を推進していく予定です。

①「109シネマズ」でのバーチャルアーティストのライブ拡大

109シネマズ川崎で実施したライブ画像(写真:あにまーれ)

東急レクリエーションが19箇所で運営するシネマコンプレックス「109シネマズ」で、これまで大阪と川崎の2箇所にてバーチャルアーティストのライブを実施してきました。この度の事業提携により実施劇場を全国に拡大していきます。まずは名古屋をはじめとし広島ほか、順次実施劇場を全国にて拡大予定です。

②ライブビューイング網の共同開発

バルスが運営する遠隔ライブシステム『SPWN』では、会場や場所を選ばず、多拠点で同時にインタラクティブにライブを実施するこ とが可能です。この度の事業提携では「109シネマズ」に加え、全国の劇場を結び、より多くの拠点で同時にインタラクティブなライブ を実施できるようライブネットワークを拡大・開発していきます。 このネットワークと通常回線での低遅延高画質映像伝送技術により、バーチャルアーティストのライブだけでなく、リアルのアーティスト のライブビューイングも小規模から大規模まで幅広い規模の開催を可能としていきます。

③ライブ事業の共同興行

バルスと東急レクリエーションは、今後、東急グループが持つ渋谷等の施設での展開を想定し、XR技術を活用した新しいライブエン ターテインメント・コンテンツの企画及び製作を共同で実施していきます。

■関連リンク

バルス株式会社

参考バルス株式会社 プレスリリース

【Amazon.co.jp限定】SMASH The PAINT!! 初回生産限定盤 (デカジャケ付)
にじさんじ
にじさんじレコード (2020-03-18)
売り上げランキング: 24