VR設計レビュー支援システム『バーチャルデザインレビュー』最新Ver.3.0が販売開始







サイバネットシステム株式会社は、サイバネットが販売・サポートするVR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョン3.0を2019年1月24日より販売開始したことを発表。

バーチャルデザインレビューは、3D CADの形状をデータ変換等の手間をかけず直接VR空間に投影させ、遠隔地のメンバーを含む複数人が同一のVR空間の中でコミュニケーションを取りながらレビューすることができるVRシステム。
手戻りや設計変更等の情報を有効に共有することで、コストと時間の圧縮を実現します。

バーチャルデザインレビュー【VR設計レビュー支援】

■ バーチャルデザインレビューV3.0での主な追加機能

1. CADデータの部品を個別に移動でき、独自の「工具」を使った干渉チェックも可能に

VR空間内で3D CADのデータを部品毎に分けて動かせるようになりました。
VRでは実寸大で設計した製造装置や生産設備などのCADデータを表示できるため、設備設計や工程設計の段階で組立て性や組み付け手順の確認を行うことができます。

VR空間でコントローラーを使ってタイヤを着脱できます

また、自社の工具を登録(注1)しVR空間で表示する機能も追加されました。任意の工具をVR空間に表示し、製造設備や製品との干渉チェックなど作業性の確認ができるため、デザインレビュー用途としてはもちろん、生産技術部門の実作業者のトレーニング用途としても有効です。
※注1:バーチャルデザインレビューで読み込める種類のCADデータが必要です。

2. インポート機能に対応するCADモデルの種類が大幅に拡充

バーチャルデザインレビューは、エンジニアが日常的に利用している約60種類以上のCADソフトウェアに対応しており、CADソフトで表示させたモデルの状態をそのままVR空間に投影させることができますが、CADデータをインポートすることで、更に設定や操作性の自由度が広がります。新バージョンV3.0では、このインポート機能に対応するCADファイルの種類が増えました。STEPやJTなどの中間ファイルだけではなく、CATIA V5※1、SOLIDWORKS※2、NX※3、SolidEdge※4などのネイティブなCADファイルをインポートすることができるようになります(一部オプションにて対応)。

<追加された主なCADファイル一覧>
・CATIA V5
・NX
・SOLIDWORKS
・SolidEdge
・Inventor※5
・REVIT※6 など
<追加された中間ファイルなど>
・STEP
・JT

その他にも、以下の機能強化・機能追加されています。
・VRで見ている画面のキャプチャ画像を、GUIでそのまま作成する機能
・複数人で同一のVR空間の中を見ているとき、自分の視点を他のメンバーに同時に共有させる機能 など

■体験セミナーが開催決定

バーチャルデザインレビューV3.0の機能が体験できるセミナーを以下の日程で開催いたします。
日 時:2019年3月26日(火) 14:00~16:00
会 場:サイバネットシステム株式会社 東京本社セミナールーム(秋葉原駅徒歩3分)
定 員:20名

申し込みフォーム

————————————
注釈
※1:CATIA V5: Dassault Systems社製3次元CADソフトウェア「CATIA」
※2:SOLIDWORKS:Dassault Systems SOLIDWORKS Corporation社製3次元CADソフトウェア「SOLIDWORKS」
※3:NX:Siemens Product Lifecycle Management Software Inc. 社製3次元CADソフトウェア「NX」
※4:SolidEdge:Siemens PLM Software社製3次元CADソフトウェア「SolidEdge」
※5:Inventor:Autodesk社製3次元CADソフトウェア「Inventor」
※6:REVIT:Autodesk社製3次元CADソフトウェア「REVIT」
————————————

■関連リンク

サイバネットシステム株式会社
http://www.cybernet.co.jp/

参考サイバネットシステム プレスリリース

hello, world
hello, world
posted with amazlet at 19.05.27
Kizuna AI
upd8 music (2019-05-15)
売り上げランキング: 521