オフライン観戦でエモと熱狂を共有。『第2回VTuber最協決定戦』が楽し過ぎたという話







4月14日(日)、PUBG JAPAN公式パートナーを務めるVTuber「渋谷ハル」による大型PUBG大会『第2回VTuber最協決定戦』が開催された。

本イベントは、人気バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(通称PUBG)』にて”最協チーム”を決定するVTuberによるVTuberのためのゲーム大会。
4人1組の計20チームが”ドン勝”をめざし凌ぎを削り合った。

前大会からルールの一部が変更され、今回4人1組で総ダメージ量が500以下のチームのみが参加可能。
1位~3位のチーム」「モストキル賞」に加え、新たに「サバイバル賞」が設けられ、それぞれ受賞したチーム・個人に賞品である「トロフィー」が贈られる。

第2回となる今大会は、東京秋葉原にあるエンターテイメントスペース「エンタス」にて”オフライン観戦イベント”も同時開催。
会場には大型モニターが設置され試合をリアルタイムで観戦できるほか、イベント限定グッズの販売やフォトスポットなども用意され、オフラインならではの楽しみが盛りだくさんな内容となっている。これでチケット無料と言うのだから驚きだ。
また、今回はMateReal株式会社がスポンサーとなり、バーチャルアイドルユニット「Alt!!」がオフィシャル応援団に就任。
さらに、PUBG SCRIM JAPANが大会協力を行っている。

筆者はチケットが当たらなかったにも関わらず、我儘を言って取材にかこつけて会場に潜入してきたので、オフライン観戦の様子をレポートしていこうと思う。

【関連記事】
渋谷ハル主催『第2回 VTuber最協決定戦』が4月14日に開催決定!秋葉原エンタスにてオフライン観戦イベントも!
渋谷ハル主催『第2回VTuber最協決定戦』出場チームが発表 オフラインイベントチケットは本日20時より販売開始

■オフラインでしか味わえない”熱狂”

今回のオフラインイベントの会場は秋葉原オノデン5階にある「エンタス」。
週に1度は来てるんじゃないかと思う程、筆者にとっても馴染み深い場所だ。

エンタスではこれまでに「VIRTUAFREAK」や「バーチャルエンタス」、「因の者オフ会」、「ばーちゃるぱーく」など数々のリアルイベントが開催され、「秋葉原でVTuberといえばエンタス」と言っても過言ではない程に多くの興奮と感動をVTuberファンに提供してきた。

この日もまた”エモ”が生まれることに期待しウッキウキで会場入りすると、そこには壮絶な光景が広がっていた。

うわぁ…。(ドン引き)

トイレの入り口の横に、等身大の「おだのぶ」のタペストリーが飾ってあった。
バーカウンターのお姉さん方はこの光景を見ながらお仕事してて本当に可哀相だと思った。
あと無駄に美脚で爆笑してしまった、悔しい。

続けて、「ゼロさん、横の”音姫”押してみて。」と言われ、バーカンの隅に設置してあった謎のiPadの再生ボタンを押すことを強いられた。
嫌な予感しかしなかったが、再生ボタンを押すと”この世のものとは思えないほど汚い音”がバーカウンターに響き渡った。

なにが通称「織田音姫」じゃ。織田信姫様とバーカンの人にあやまれ。
動画も撮ったが、流石にツイッターにあげるのは止めておいた。
どうしても聞きたいという方はおだのぶのBOOTHにて無料公開されているのでそちらを聞いてほしい。もちろん自己責任で。

おだのぶ BOOTH

しかしこんなネタ三昧な「おだのぶ」だが、物販コーナーには彼の描いた素敵な絵が売られていた。
わからん、もうなにもわからん。人って本当に不思議。

おだのぶの作品

まぁ、それは置いといて、今回のオフラインイベントには3種類のコラボドリンクが用意され、ソフトドリンクとアルコールどちらかを選ぶことができた。
流石に取材中にお酒を飲むわけにもいかないので(?)、渋々ソフトドリンクを選択。渋ハルだけに。とっても甘くてフルーティな味だった。

渋ハル印のエナドリ

一方会場入り口の方には「フォトスポット」も用意されており、参加者たちの動画のサムネイルが壁一面にずらっと並んでいた。

今回80名のVTuberが参加しているのだが、ひとつひとつサムネイルを用意して飾り付けたのかと思うとエモすぎて思わず失神するところだった。
これはもう「エンタス名物」と名付けていいのかもしれない。

開演時刻となると、会場の大型スクリーンにオープニング映像が流れ始めた。
各参加チームが写るたびに大きな歓声が起こり、試合開始前だというのに会場のボルテージはMAX。

ちなみに観客たちが両手に持っているのはイベント特製の「スティックバルーン」。
予想以上に大きな音が出ていたので、多分スタッフ含めてここがオノデンの5階だということを全員忘れているんじゃないかな。

撮影協力:エンタスのスタッフさん

そして実況・司会の「渋谷ハル」と解説の「SUMOMOXqX」による大会ルール説明とチーム戦績紹介、紹介動画の発表などが行われた。
各チームの紹介動画では笑いと歓声が飛び交い尋常じゃないほどの盛り上がり。
これがオフラインの醍醐味なんだよなぁ。

チーム紹介が終わると、続けて本大会のオフィシャル応援団のAlt!!がタイアップソングである4thシングル『たのしむーぶ』を初披露。

本楽曲はAlt!!がこの大会の為に制作した”頑張る人を応援する楽曲”となっており、アップテンポでノリノリな、聴いているだけで元気が出てくるエモ可愛い曲だ。

関連記事「第2回VTuber最協決定戦」タイアップソング、Alt!! 4th Single『たのしむーぶ』が各種音楽配信サイトにて配信開始

そしていよいよ第1戦目がスタート。
と、ここで筆者はどうしてもやらなければならない用事があった為、泣く泣く一時会場を後にした。
再び会場に戻ってきた頃には「シリンソウ」がドン勝を決めた後だった。
一番いい所を見逃してしまったショックからか、気が付いたらバーカンに向かいお酒を注文していた。やっぱこれよな。

続いて広い砂漠の高低差が激しいマップでの第2試合目。
車を見つけただけで歓声があがり、敵に囲まれると悲鳴が会場に響き渡った。
プレイヤーの行動一つで一喜一憂する観客たちがモニターに釘付けになって白熱しており、その様子を見ていて非常にエモいと思った。
これぞオフライン観戦の醍醐味なんだろう。

また、おだのぶ率いる「キス部」は、画面に映るだけで笑いが起こるという類稀なきエンターテイナーぶりを発揮していた。
結果こそ残せなかったが、チームエンタメ賞があったら間違いなく彼らはぶっちぎりだろう。

今回物資が4つ海の中に落ちると言うミラクルも起こり、ハルくんとすももさんも楽しそうに実況していた。
これまでライブやトークのイベントには何度も参加してきたが、VTuberのゲーム大会のオフライン観戦というのは大いにアリだな、と思った。
ワールドカップで普段サッカーを見ない人も一緒になって盛り上がってるみたいな、そんな感覚。
試合の緊迫感や高揚感をVTuberやファン同士で共有できて、一緒に盛り上がれる、楽しくないハズがない。
チーム「アベりに来ました!」が”アベった”際には大きな拍手も起こり、一体感のようなものも感じられた。

そして2戦目のドン勝を勝ち取ったのはチーム「†紅葉杏虎†」。
最終局面で「ゆる杏子」が鮮やかにグレネードを決め、会場からは大きな歓声と称賛の声が贈られた。

そして最終試合となる3戦目。マップはお馴染みのErangel(エランゲル)。

安置がかなり左に寄ったせいか、かなり荒れそうな雰囲気に観客たちからは各チームを心配する声も。
1試合目でドン勝を飾った「シリンソウ」が序盤で全滅するなど、波乱連続の戦況に緊迫する会場。
一体どのチームが優勝するのかまったく読めない状況で、終わりが近づくごとに実況にも熱が入る。

決着の瞬間

そして最終局面、チーム「鍋」の「白雪レイド」が1vs3の状況でチーム「アベりに来ました!」に単身挑むも、挟み撃ちにされ撃沈。チーム「アベりに来ました!」が見事なチームプレイで勝利をおさめた。
決着の瞬間は地鳴りかと思う程の歓声が上がり、自分も思わず前のめりになりながら拍手を送っていた。

全試合が終了し、最終戦績が発表。”最協”の座に輝いたチームは、「†紅葉杏虎†」。
2戦目にてドン勝を勝ち取り、1戦目と3戦目も上位をキープし見事総合優勝となった。

最終戦績

また、モストキル賞を手に入れたのは、チーム「シリンソウ」の「」と、チーム「」の「白雪レイド」。3戦合わせて14キルという好戦績を残し、2名がクリスタルトロフィーを手に入れた。

そして、サバイバル賞には、「白雪レイド」をはじめとするチーム「鍋」のメンバーが輝いた。
喜びのあまり泣きだす「皆守ひいろ」にもらい泣きしそうになった人は多いのではないだろうか。

最後に大会主催の「渋谷ハル」は、次はもっと面白くなると早くも次回大会への意気込みを語り、エモと熱狂のイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

余談だが、トイレ横に飾ってあったおだのぶの等身大タペストリーはイベント終了後に「ふくやマスター」が取りに来たらしい。
自分なら朝起きてこんなのが部屋にあったら多分普通に泣く。

なんだかおだのぶの記事みたいになってしまった。

関連記事おだのぶが最協決定戦オフラインで顕現するまでの裏話

個人で大会をここまでの規模にまで成長させた「渋谷ハル」の今後と、第3回VTuber最協決定戦が今から楽しみだ。

次は是非とも会場でこの熱狂を共有しよう。

Text by zero

■イベント概要

『第2回 VTuber最協決定戦』
開催日程:2019年4月14日(日)
配信チャンネル:渋谷ハルのYouTubeチャンネル
オフライン観戦会場:エンタス
住所:東京都千代田区外神田1-2-7 オノデン本館5F(JR秋葉原駅電気街口から徒歩2分)
公式HP:http://entas.jp/
チケット:無料(物販/観戦)

大会特設サイト

■出場チーム

ゲストチーム

一般チーム

■大会主催 渋谷ハル

公式サイト
https://www.shibuyahal.com
Twitter
https://twitter.com/ShibuyaHAL
YouTube
https://www.youtube.com/c/HALchannel

hello, world
hello, world
posted with amazlet at 19.05.27
Kizuna AI
upd8 music (2019-05-15)
売り上げランキング: 521