東京ゲームショウ2018にマルチプレイVR遊園地『オルタランド』など初公開を含む4つのVRアトラクションが登場!







多様な施設型VRコンテンツの制作を行うハシラスは、2018年9月20日(木)から23日(日)まで幕張メッセにて開催される国内最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2018」に大規模なブースを展開し、イベント初公開を含む4つのVRアトラクションを出展することを発表。

ハシラスはVR/ARコーナーでは2番目に広い大規模ブースを展開し、本邦初公開の4大アトラクションを展開します。
以下プレスリリース。

■ [初出展]広大かつ大人数のマルチプレーVR遊園地「オルタランド」

同時プレー人数: 最大16名 ※通信を安定させるためにプレー人数を調整する場合があります
プレー時間: 15分~20分(混雑状況によって変動)

「オルタランド」は、大勢で自由に歩き回れる「VRの遊園地」です。従来、多くの施設型VRは「アトラクションを選んでからVRヘッドセットをかぶってプレーする」というスタイルでしたが、オルタランドではVRヘッドセットをかぶりっぱなしで、バーチャル世界の中でアトラクションを選んで遊ぶことができます。ハードウェアとしてはVIVE Pro+バックパックPCを採用し、広域(12m×7m)のトラッキングを実現しています。

施設型のマルチプレイにおけるこの試みは世界初(当社調べ)であり、アミューズメント施設における人件費・造作コストを大幅に削減する新しいビジネスモデルとなります。高い没入感と効率良い経済性を両⽴したこのパッケージを東京ゲームショウ2018で初披露します。

■ [初出展]実際にコントローラーを投げるトマホーク投擲ゲーム「トーヤラケット」

プレー人数: 1名
プレー時間: 2分

「トーヤラケット」は、VRコントローラーを実際に「放り投げる」という、前代未聞のVR体験を楽しめるアトラクションです。 投擲したコントローラーはVR内では投げ斧となって敵を倒していきます。投げたコントローラーは布で受け止められ、坂を下って手元に戻ってきます。両手で次々に斧を投げる、爽快感あふれるゲームとなっています。

■ ビルの合間を浮遊疾走! 「アーバン・コースター」

プレー人数: 1名
プレー時間: 2分

「アーバン・コースター」は、ブランコ型の筐体に乗り、ビルの谷間を駆け抜けるVRジェットコースター体験アトラクションで、宙吊り状態ならではの浮遊感をお楽しみいただけます。今回出展のバージョンは、筐体外装をリニューアルし、「アテンドレスでお一人でプレーできる筐体」に仕上げています。

■ 揺れる! ジャンプする! 快走乗馬体験「ハシラスレース」

同時プレー人数: 4名
プレー時間: 2分

「ハシラスレース」は、最大4人で乗馬レース体験ができるVRアトラクションです。専用の乗馬型筐体を用い、リアルなVR乗馬体験を実現。ムチがわりのコントローラーを振ることでどんどん加速し、心地よい疾走感を楽しめます。草原を駆け抜ける白熱のレースを、省スペース・高臨場感で体験できます。

■ブース情報

ブース番号:10-W-01 (HALL10 VR/ARコーナー内)

■東京ゲームショウ2018

会場:幕張メッセ
開催日程:
ビジネスデイ
9月20日(木)・21日(金) 10:00~17:00
※ビジネスデイはプレス関係者およびビジネス関係者のみのご入場となります。
一般公開日
9月22日(土)・23日(日) 10:00~17:00
※状況により9:30に開場する場合があります。

東京ゲームショウ2018 公式HP

■関連リンク

株式会社ハシラス
https://hashilus.com/

参考株式会社ハシラス プレスリリース

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8