3Dキャラを投稿&共有できるサービス「VRoid Hub」が2018年12月より提供開始







ピクシブ株式会社は、作成した3Dキャラクター(人型アバター)のモデルデータをアップロードし、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツで共通のアバターとして利用できる投稿プラットフォーム『VRoid Hub(ブイロイド・ハブ)』を2018年12月より提供開始することを発表。
また、各種各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上からVRoid Hub上の3Dキャラクターを利用可能にするためのソフトウェア開発キット『VRoid SDK』の提供も、同時に開始します。

VRoid Hubは、「SHOWROOM」「OPENREC.tv」「17 Live」「Mirrativ」などの配信プラットフォームや、バーチャルワールド作成ゲーム「Vワールド」との連携を予定しており、ユーザーが作成し投稿された3Dキャラクターを使って様々なコンテンツを楽しむことが出来るようになります。

ピクシブは、今後もより多くの人に3Dキャラクターを利用したコンテンツを楽しんでもらえるよう、世界各国の開発者と協力し、さまざまなサービスを提供予定とのことです。

以下プレスリリース

■VRoid Hubの特徴

VRoid Hubは、作成した3Dキャラクターを投稿して、他のユーザーと共有できるプラットフォームです。pixiv IDによる会員登録を行うことで、どなたでも無料でお使いいただけます。VRoid Hubでは、投稿した3Dキャラクターのプロフィールを他のユーザーと共有したり、モデルデータを配布することができます。また、VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターは、VRoid Hubと連携した各種VR/ARプラットフォームや3Dゲーム等のコンテンツ上で、アバターとして利用することもできます。提供開始時点では、VRoid Hubは日本語または英語でご利用いただけます。

(1)VRM形式で作成された3Dキャラクターを投稿・公開できる

VRoid Hubへは、ピクシブが提供する3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio」や各種3Dモデリングツールで作成した、VRM形式(※1)のモデルデータを投稿することができます。投稿は、VRoid StudioやWebブラウザ上から行うことが可能です。

VRoid Hubで3Dキャラクターを公開すると、3Dキャラクターごとに個別のプロフィールページが作成されます。プロフィールページでは、3Dキャラクターの名前やプロフィール、各種SNS等の情報を閲覧できるほか、作者が許可している場合にはモデルデータのダウンロードも可能です。VRoid Hub上のモデルデータは、VRM形式のモデルデータの読み込みに対応したVR/ARプラットフォームや、Unityで制作されたゲーム等、さまざまな3Dコンテンツで利用できます。

3Dキャラクターのプロフィールページイメージ(※2)

※1 VRM形式:オープンソースで提供されている3Dアバター向け汎用ファイルフォーマット。VRM形式のモデルデータは、UniVRM Assetを介することで、Unity上でMecanim Humanoid型のモデルデータとして利用することが可能です。

VRMについて詳しくはこちら
※2 画像はイメージです。実際の画面とは異なります。

(2)3Dキャラクターに対して、作者が利用条件を設定可能

VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターのモデルデータの著作権は作者に属しますが、作者は他のユーザーに対して、作者が設定した利用条件のもとでモデルデータの利用を許可することができます。VRoid Hubのユーザーは、「アバターとしての利用は誰でも可能だが、暴力行為を行わせることは禁止」「モデルデータの改変は可能だが、改変したモデルデータの再配布は禁止」等、作者が設定した利用条件(※3)に従い、モデルデータを利用できます。

※3 VRMに定義されている「アバターの人格に関する許諾範囲」「再配布・改変に関する許諾範囲」に相当する利用条件を設定可能です。

(3)投稿した3DキャラクターをVRoid SDKが導入された各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ内で簡単に利用できる

VRoid SDKが導入された各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツでは、VRoid Hubに投稿した3Dキャラクターを、ダウンロード不要ですぐに利用することが可能です。pixiv IDでログインすることで、VRoid Hub上の3Dキャラクターをサービス内に読み込み、アバターや登場キャラクターとして利用することができます。3Dキャラクターを1人作成してVRoid Hubに投稿すれば、プラットフォームに依存せず、さまざまなサービスで共通の3Dキャラクターを利用できるようになります。

■VRoid SDKの特徴

VRoid SDKは、VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターのモデルデータを各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上から利用できる機能を提供する、ソフトウェア開発者向けキットです。

これまで、ユーザーが自身を表すアバターを作成して利用するサービスでは、各サービス固有のアバター管理システムを構築する必要がありました。VRoid SDKを導入することで、ユーザーはVRoid Hub上で公開されている3Dキャラクターをサービス内で利用できるようになるため、サービスごとに独自のアバター管理システムを持つ必要がなくなります。

ピクシブが提供する無料キャラクターメイカー「VRoid Studio」は、誰でも直感的な操作で3Dキャラクターを作成してVRoid Hubへ簡単に投稿することができます。開発者の方は、3Dキャラクターを利用する各種サービスにおいて、VRoid HubとVRoid Studioを併せて活用いただくことで、手軽に理想のキャラクターを作ったりカスタマイズしてサービスを楽しむ体験をユーザーに提供することができます。

VRoid HubおよびVRoid Hub SDKの利用イメージ

■連携予定のサービス一覧

VRoid Hubは現在、以下のサービスとの連携を予定しております。

・ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」
https://www.showroom-live.com/

・ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」
https://www.openrec.tv/

・ライブ配信アプリ「17 Live」
https://17media.jp/

・スマホゲーム配信アプリ「Mirrativ」
https://www.mirrativ.com/

・バーチャルワールド作成ゲーム「Vワールド」
https://naby.booth.pm/items/990663

今後も、VRoid Hubと各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツとの連携を順次進めてまいります。VRoid SDKの導入による、3Dキャラクターの利用にご関心のある開発者の方は、ぜひ下記の窓口よりお問い合わせください。

ピクシブはVRoidプロジェクトを通じて、誰もが個性豊かな自分のキャラクターを持ち、そのキャラクターを他者とのコミュニケーションや創作活動に活用できる世界の実現を目指しています。今後も、3Dキャラクターを利用したコンテンツをより多くの方に楽しんでいただけるよう、世界各国の開発者のみなさまと協同し、さまざまなサービスを提供してまいります。

■VRoid SDKの提供に関するお問い合わせ窓口

下記フォームよりご連絡ください。

問い合わせフォーム

■VRoid Studioとは

VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できる、Windows・Mac用のアプリケーションです。誰でも無料で利用できるキャラクターメイカーで、モデリングの知識がなくても、直感的な操作で本格的な3Dモデルを作ることができます。
作成した3Dモデルは、VR/ARコンテンツ内でアバターとして利用する等、商用・非商用を問わず、さまざまな用途に活用できます。
2018年8月3日に一般公開したベータ版VRoid Studioは日々アップデートを続けており、現在までに累計20万回以上ダウンロードされています。

VRoid Studio 公式HP

■関連リンク

ピクシブ株式会社
https://www.pixiv.co.jp

参考:ピクシブ株式会社 プレスリリース

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8