2Dキャラクターを立体的に動かす『E-mote(エモート)』がUnity XRに対応、APNG出力可能に







エムツーは、2Dキャラクターを立体的に動かすアニメーションエンジン『E-mote(エモート)』をver. 3.9.4にアップデート。
E-mote 3.9.4では、Unity用ビジュアルノベルツール『宴』への対応や、Unity標準のVR機能であるUnity XRに対応。
出力フォーマットとして、APNGが新たに追加されました。

ノベルエンジン『宴』に対応

E-mote 3.9.4ではUnity TYPE2 SDKへの機能拡張を行い、マッドネスラボによるUnity用ビジュアルノベルツール『宴』に対応しました。E-mote SDK、宴本体、宴のE-mote拡張スクリプトの3つのパッケージを読み込ませるだけで、即座に『宴』でE-moteキャラを使ったノベルの開発が行えるようになります。

■Unity XR に対応

Unity TYPE2 SDK の立体視関連機能を大幅にブラッシュアップし、Unity標準のVR機能である Unity XR に対応しました。これまでは左右の目に対応する2つのカメラを設定する必要がありましたが、シングルカメラ・シングルパスでの立体視が可能になりました。

■APNG対応

タイムラインアニメーションの出力フォーマットとして、従来のWMV動画、GIF動画、連番PNGに加えてAPNGを追加しました。8bit(256色)のGIF動画と比べて32bit(1677万色)フルカラーのAPNGではより階調豊かなアニメーションが作成可能になりました。

Unity TYPE2 SDKを中心としたその他のアップデート内容はコチラ

■E-moteとは

『E-mote』(エモート)は、キャラクターの2Dイラストからわずかなステップでゲームに使える滑らかで立体的なアニメーションを作成できる弊社独自のエンジンです。立ち絵のキャラクターの表情、向き、手足の動作を簡単かつダイナミックに動かすことができ、3Dモデルでは難しいイラストの質感をそのまま再現することができます。無償版の『えもふり』ではより気軽に、簡単に動画出力が可能です。

■関連

E-mote 3.9.4 リリースノート
https://emote.mtwo.co.jp/2018/07/06/e-mote3-9-4/
E-moteサイト
http://emote.mtwo.co.jp/
有限会社エムツー
http://www.mtwo.co.jp/

© M2 Co., Ltd.

ゼロのひとこと

本当のアニメみたいにヌルヌル動いて凄いΣ【*゚д゚*】
【Amazon.co.jp限定】起立! 気をつけ! にじさんじ学園! 【JK組水着ver.架け替えカバー付き】
にじさんじ 富士フジノ
KADOKAWA (2018-11-30)
売り上げランキング: 3,854