日本初、スタンドアロン型の消火訓練VRシステム 「VR消火訓練シミュレータNeo」が販売開始







MXモバイリング株式会社は、スタンドアロン型VRゴーグルを用いた消火訓練システムの新商品「VR消火訓練シミュレータNeo」を開発、販売を開始しました。

「VR消火訓練シミュレータNeo」では、インサイドアウト式モーショントラッキング技術を採用したスタンドアロン型VRゴーグル「Pico Neo」を使用した、日本初となるケーブルやトラッキングセンサーが不要な消火訓練VRシステム。

体験映像イメージ

本システムは、体験者がVRゴーグルを装着し、実際に仮想空間のオフィスでの火災現場内を自由に移動しながら、消火器のレバーを握って消火訓練を行うもの。
これまで体験学習が困難であった”火災現場を移動しながら消火する”という動作がこれにより可能となりました。
なお、本システムは東京ミッドタウンマネジメント株式会社の防火訓練用に導入されているとのこと。

構成機器

システムの主な特長

1. VRゴーグルだけで使えるからどこでも利用可能

VR空間内を歩いて移動するためには、VRゴーグルとハイスペックPCをケーブルで接続し、周辺の空間にトラッキングセンサーを設置する必要があったため、これまでは限られた条件の下でしか体験が行えませんでした。

今回、ワイヤレスモーショントラッキング機能を内蔵したオールインワンのVRゴーグルを採用することにより、訓練用消火器とVRゴーグルのみのシンプルな機器構成が可能となり、場所を問わず(注5)VR空間を歩いて移動する体験ができるようになりました。

2. 訓練項目が増加

(ア) 消火器の使い方を再現
消火する際の一連の動作を、VR機器だけでなく、実物の訓練用消火器をコントローラーとして利用することにより、“安全ピンを抜き、ホースを火元にむけ、レバーを握って消火剤を放射する”という消火器の使い方を再現しました。

これにより実物と同様の消火器の操作要領を学習することができます。

(イ) 適切な消火位置を学習
退出路の確認・確保、火元との適切な消火距離など、屋内での初期消火で重要な動作をVR空間で学習できます。特に、VR空間を歩いて移動できる特性を活かし、適切な消火位置へ移動してから消火を開始し、火災が小さくなったら接近するという動作を学ぶことができます。

(ウ) 消火失敗時の避難方法も学習
万が一、初期消火に失敗した場合はただちに避難する必要があります。

煙が立ち込める中、熱と煙から身を守るための“低姿勢での避難行動”を、体験しながら学習することができます。

3. 火災の発生が想定される場面を追加

標準で用意したオフィス内における火災の発生場面に加え、ユーザーニーズに対応してキッチン・工場などの火災の発生原因を想定した場面の追加などのカスタマイズが可能です。

商品紹介ページ

参考:MXモバイリング株式会社 プレスリリース

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8