複数人で楽しめる台湾発の最新VRアトラクション『VAR LIVE』が関東に上陸!







常設型VRエンタテイメント施設「VR Center イオンレイクタウン店」は、サービス協力会社 株式会社ダイナモアミューズメントによって日本展開される台湾発VRアトラクション『VAR LIVE(ブイエーアールライブ)』を2019年1月30日(水)に導入することを発表。

VR Center 公式HP

『VAR LIVE』とは、最大3~8名の複数人で攻略できるVRアトラクションを集合し、トータルデザインされたアミューズメント施設およびアミューズメントエリア。
攻略のしがいがあり、かつクリア出来なくても十分な時間を楽しむことが出来る難易度設定で、何度も挑戦したくなる、やりこみ要素のある構成となっているとのこと。
また、一緒にプレイする人達とクリアのための“作戦を練る楽しさ”も体験することができます。

施設・エリア内は、内容はもちろん装飾やオペレーションなど細部までデザインされ、ユーザーの高い没入感と満足度を追求しています。

■『VAR LIVE(ブイエーアールライブ)』コンテンツ概要

「ZOMBIE JAIL」(ゾンビ・ジェイル):3~5人プレイ

仲間と協力してゾンビが蔓延する監獄から生還を目指すVRガンシューティング。
VRヘッドマウントディスプレイの全方位映像に加え、プレショウムービーによるストーリー設定の説明、リアルな重量感とギミックを備えた専用銃(ショットガン、マシンガン、ハンドガン)と振動する床面がVR空間内でのリアルな体感を演出、プレイヤーたちの緊張感を高め没入感も向上します。攻略にはチームワークが重要で、プレイヤー達が協力して何度も挑戦したくなるようにゲームデザインがなされています。

「The Others ~怨霊の部屋~」(ジ・アザーズ~怨霊の部屋~):3~8人プレイ

円卓を囲むように座り、仲間と協力して迫りくる怨霊から身を守るVRホラー。
他のプレイヤーからの情報が攻略のカギとなるのでコミュニケーションが重要な要素になります。初対面同士でも楽しめるよう設計されています。プレショウムービー、VR空間内を再現した内装や振動する床など、ヘッドマウントディスプレイ映像以外の部分でも恐怖を演出し、プレイヤーの体験・プレイの満足度を高めています。

「CITY HERO」(シティーヒーロー):3~5人プレイ

コミカルな世界の中で、仲間と協力してゾンビ化した街の住人から博士を守るファミリー向けVRガンシューティング。プレイヤー全員にバラバラに割り当てられたコミカルな武器の特徴をつかんで全員で協力して攻略を目指します。プレショウムービーや振動する床がポップでコミカルな世界の中へ違和感なく誘います。

※「VAR LIVE」は、株式会社ダイナモアミューズメントによって展開されていた「VR+」からのブランド名変更になります。各コンテンツ名称も以下の通り変更となっております。旧名称「Dead Prison」→新名称「ZOMBIE JAIL」 / 旧名称「Death Room」→新名称「The Others ~怨霊の部屋~」 / 旧名称「GET OUT OF MY HOUSE」→新名称「CITY HERO」

■料金体系のお知らせ

「VAR LIVE」の価格を新たに設定いたします。
大人1回 900円(税込み)、小人1回 600円(税込み)
お得な回数券に1回差額券(大人300円、小人200円)の追加でVAR LIVEを1回体験できます。
※お得な3回券(大人1500円、小人1000円)
※大人:中学生以上

■VR Centerご案内地図

【案内図 】
イオンレイクタウンmori 3階「ライトオン」さま横 店舗 (埼玉県越谷市レイクタウン3丁目1番地1)
※JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」よりmori「ライトオン」さまへは徒歩約 15分です。
【交通アクセス】
電車の場合・・・JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」直結。
お車の場合・・・「草加IC」より、高速直下を走ります「国道298号線」へ降りてください。
三郷方面へ4km進み、「八条白鳥」の交差点を左折し、東埼玉道路へお入りください。
東埼玉道路を北上し、3kmほどでイオンレイクタウンに到着します。

館内マップ


※「越谷レイクタウン駅」よりmori内、一番奥の「ライトオン」さま横の店舗となります。

VR Center 公式HP

参考VR Center プレスリリース

hello, world
hello, world
posted with amazlet at 19.05.27
Kizuna AI
upd8 music (2019-05-15)
売り上げランキング: 521