3D設計データのコンテスト『Unity VR Archi Contest 2019』が開催 「Unity BIM Importer」教育版の無償化&「Navisworks対応版」リリースも発表







マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、BIM(Building Information Modeling)データを活用したコンテストとして「Unity VR Archi Contest 2019」を開始しました。

コンテストではBIMで設計された建築・建設の3DデータをWeb上のVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」にて公開し、建築・建設分野のエキスパート達によって審査され、優秀な作品を決定します。作品提出に必要なUnity Proライセンスは、募集期間中、応募者の方へ無償で貸与するとのこと。

■参加条件

今までに制作したBIMデータがあれば、どなたでも参加することが可能です。
(学生)学業の中で制作した課題・卒業制作作品のBIMデータ等
(一般)自主制作で制作したBIMデータ等

■提出方法

ARCHICADやRevit、Rhinoceroseで制作された設計データをUnityに取り込み、設計コンセプト・設計図面・CGパースなどと一緒にVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」へアップロードしてください。

■提出期限

2019年3月31日まで

「Unity VR Archi Contest 2019」の詳細はこちら

また、建築において3Dモデルをベースとした情報構築システムであるBIMデータを直接的にUnityに取り込む機能「Unity BIM Importer」に新たに「Navisworks対応版」をリリース。
図面やプロパティの表示にも対応いたしました。

さらに、教育機関に対して「Unity BIM Importer」の全機能を無償で提供することも発表。
評価版のお試しや教育版の無償利用に関するお問い合わせは下記ページよりご確認ください。
http://bimimporter.unity3d.jp/

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

参考ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 プレスリリース

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8