Oculus Go対応予定のcluster、レーザー式UI&アバター表示制限機能が近日実装、アーカイブ機能も今春リリース決定!







バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスター株式会社は、2019年2月5日(火)にVRアプリ「cluster」内にて『clusterカンファレンス~新元号へ向けた加速~』を開催。

関連記事クラスター、「Oculus Go」対応など今後の展望を語る『clusterカンファレンス~新元号へ向けた加速~』を2月5日に開催

今回二回目となるカンファレンスにて代表取締役社長の加藤氏は、過去のイベントなどを振り返るとともに、新元号までに一体型VRヘッドセット「Oculus Go」への対応をはじめとした今後の展望を語った。

「Oculus Go」対応に先駆け、「レーザー式UI」や「アバター表示制限機能」を近日行われるアップデートにて実装を発表。
また、過去のイベントのアーカイブ機能も今春中に実装することも決定。
現在ローカルでは再生に成功しており、2月よりデータを取り始めた為、先日行われた「バーチャルライブ(仮)」も見れるようになるとのこと。
輝夜月の1st VR LIVEについてもアーカイブを公開したい旨を語った。

「Oculus Go」への対応は現在開発中。
既存のバージョンに比べ色々と仕様を削った制限版となる予定。
新元号までには間に合わせたいとのことだ。

あまりにさくさく説明しすぎた為、尺を大量に余らせるという事態になり公式広報である「くらすたーちゃん」に本気のダメ出しをされる場面も。

社長とくらすたーちゃん

その他にも”土下座”も可能な「フルトラッキング機能」や「スクリーンに動画を流す機能」なども実装することを予定。

参加者からの質問コーナーでは、「PSVRへの対応」や「時間に連動するワールド」、「自分以外の非表示」などの要望にも前向きな姿勢を見せた。

前回のカンファレンスにて発表したワールドアップロード機能については現在も開発中とのこと。


clusterにて『KMNZ(ケモノズ) VR LIVE』が2019年2月15日に開催決定


輝夜月セカンドライブ『輝夜 月 LIVE@ZeppVR2』のチケットが2月2日(土)12時より販売開始!

今後「KMNZ VR LIVE」や「輝夜 月 LIVE@ZeppVR2」の開催を予定しているクラスターの「ひきこもり」を加速させる展開から、まだまだ目が離せそうにない。

Text by zero

■「clusterカンファレンス~新元号へ向けた加速~」開催概要

日時:2月5日(火)21:00-22:00
場所:VRアプリ「cluster」内(YouTubeでもライブ配信予定)
登壇者:クラスター株式会社 代表取締役社長:加藤直人
実施内容:Oculus Goへの対応をはじめとした今後の展開 等

■関連リンク

クラスター株式会社
https://corp.cluster.mu/
くらすたーちゃん公式Twitter
https://twitter.com/clusterVR

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8