スタジオにジョイマン大量発生&でろーん画伯の絵に悲鳴も!『にじさんじのくじじゅうじ』第6回番組レポート







株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」のゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」にて、話題沸騰中のバーチャル生番組『にじさんじのくじじゅうじ』#6が11月21日(水)に放送されました。

「にじくじ」は、いちから株式会社が運営する「にじさんじプロジェクト」に所属するバーチャルライバー出演する生放送番組。
毎回違うライバーにスポットを当てて紹介する「フォーカスにじさんじ」や、さまざまなゲームに挑戦する「ゲームでワイワイ!にじさんじ」など、バラエティ豊かな内容が反響を呼び、放送の度にTwitterトレンドワードの日本トップ5に入るなど、大きな話題となっています。

今回の「フォーカスにじさんじ!」では、でろーんこと樋口楓にスポットを当て、彼女が”特技”と言い貼る「絵を描く事」に注目します。
また、「ゲームでわいわい!にじさんじ」では伝説のプロレスゲーム「FIRE PRO WRESTLING WORLD」で対決を実施。

さらに、新企画『カワイイにじさんじ!』では可愛さに定評のあるライバーたちが「カワイイ大喜利」に挑戦します。

番組放送ページ

以下番組レポートより引用。

■カメラマンが「バーチャルジョイマン高木」に変貌!樋口楓画伯の迷作も披露!

#6のオープニングトークは、どこかいつもと違う空気でスタート。
その理由は、バーチャルライバーの皆さん……ではなく、スタッフにありました。

なんと、カメラマンのアバターが「SHOWROOM」で提供が始まった「バーチャルジョイマン高木」(VJ-TAKAGI」)に変化しているのです。
可愛いバーチャルライバーと、写実的でリアリティあふれる「バーチャルジョイマン高木」が並ぶ、なんともシュールな光景のなか#6の放送がスタートしました。

「フォーカスにじさんじ!」は樋口楓にスポットを当てます。
自分のキャッチコピーは「年間総移動量No1の関西JK」という樋口楓は、学校が終わったら新幹線で移動し、深夜バスで帰るという芸能人顔負けの多忙スケジュールであることを明らかにします。

そんな樋口楓の特技は「絵を描くこと」。配信でお絵描きをする映像を見る限り、その腕前は“画伯”と呼ぶにふさわしいもの。
そこで、「クイズ!楓画伯」と題して、樋口楓が何の絵を描いたのか当てるクイズが始まります。

さっそく、1枚目のイラストが公開されると、出演者から「うわっ!」「怖っ!?」「ひぃぃっ!?」「かわいそう……」という悲鳴が漏れます。
“頭が三つある動物”という特徴を読み取った物述有栖や静凛は“ケルベロス”と回答。
樋口楓も「正解!」と言いますが、実は本当のお題は“ケンタウロス”(上半身が人間、下半身が馬という伝説上の動物)ということが判明。
あえなく全員不正解となります。

2枚目のイラストは「ドッジボール」と正解するメンバーもいましたが、3枚目にいたっては表示された瞬間に「えぇ……」「嘘でしょ……」「恐ろしいな」「小学生が書いたら親を呼ばれるやつ」と散々なコメントが飛び交います。

出演者は懸命に正気を保ちながら「寝ているタコ」「寝返りをうっているでろーん先輩」「カメラマン」と回答しますが、どれも不正解。
正解は「平和」(平和で安らかに寝ている人)であることが明かされると、出演者からは「あぁ……なるほど」と困惑した声が漏れました。

「ゲームでわいわい!にじさんじ」のコーナーでは、『FIRE PRO WRESTLING WORLD』で対決を行い、視聴者から寄せられた“歩く銃刀法違反(剣持刀也)”や“平成最終兵器 暴走核弾頭(月ノ美兎)”などのキャッチコピーが披露されました。
新企画「カワイイにじさんじ!」では、可愛さを追求するバーチャルライバーたちが、「カワイイ大喜利」と題して、「待ち合わせに大遅刻!つい許しちゃう可愛い言い訳」に挑戦し、「やっと会えると思っていたら寝られなくなっちゃって……」(物述有栖)という可愛いものから、「兎のブツ切りを食べていたら遅くなっちゃいました~」(月ノ美兎)といった酷いものまで、それぞれの魅力(?)を前面に押し出したセリフが飛び出しました。

『にじさんじのくじじゅうじ』#6

放送日時:2018年11月21日(水)21時~22時
放送チャンネル:ウルトラゲームス

番組放送ページ

※過去の放送回は、「Abema ビデオ」にて無料でご覧いただけます。

Abema ビデオ『にじさんじのくじじゅうじ』

■「にじさんじプロジェクト」について

いちから株式会社が運営する「にじさんじプロジェクト」は、月ノ美兎、樋口楓、静凛らの人気バーチャルライバー(VTuber)を始めとして、個性を存分に活かした多種多様なインフルエンサーが所属しています。
現在、58名(2018年11月22日現在)のライバーがYouTube等の動画配信プラットフォームにて活動しています。

株式会社いちから公式サイト
https://www.ichikara.co.jp/
にじさんじ公式Twitter
https://twitter.com/nijisanji_app
にじさんじ公式Youtube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCX7YkU9nEeaoZbkVLVajcMg
月ノ美兎公式Twitter
https://twitter.com/mitotsukino
月ノ美兎公式Youtube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCD-miitqNY3nyukJ4Fnf4_A

■「AbemaTV」について

「AbemaTV」は、”無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。
2016年4 月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。
登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TV ファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応しています。
その他にも、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や見逃した番組をいつでも楽しめる「Abema ビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

■「AbemaTV」概要

名称:「AbemaTV(アベマティーヴィー)」
配信:PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store / Amazon Appstore
利用料金: 無料
AbemaTV:https://abema.tv/
Abema ビデオ:https://abema.tv/video

App Store

Google Play

Amazon Appstore

■関連リンク

AbemaTV Twitter
https://twitter.com/AbemaTV
AbemaTV Facebook
https://www.facebook.com/AbemaTV
AbemaTV YouTube
https://www.youtube.com/AbemaTV
AbemaTV ウルトラゲームス Twitter
https://twitter.com/GAME_AbemaTV
AbemaTV ウルトラゲームス YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCadHo3AF-m6pfbrTQjZ6crw

(C)AbemaTV
©2017 Ichikara Inc.

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8