『ゲゲゲの鬼太郎』のARフィギュア3種が本日9月20日発売 東京ゲームショウ2018にて体験会も実施







Gugenka®(グゲンカ)は、スマホARアプリ「HoloModels」とアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のコラボを実施し、本日9月20日(木)よりARフィギュア「ゲゲゲ
の鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」の販売を開始しました。

今回アニメ化50周年を記念して発表された「ゲゲゲの鬼太郎」xRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」にて「AR」での表現として「HoloModels」が採用。
ARKitによってまるで現実世界に存在するかのようにキャラクターを表示できる「HoloModels」を利用することにより、普段は見えないけれどすぐそばにある、妖怪達の世界を表現しました。

HoloModels「ゲゲゲの鬼太郎」紹介ページ

また、本日より幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2018」のGugenkaブース「HoloModels体験コーナー」にて、実際にARフィギュアを動かせる体験会も実施。
鬼太郎やねこ娘が目の前に現れる感動を体験することが出来ます。

■ARフィギュア紹介

ARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」「ねこ娘」は、等身大サイズにしたり、卓上サイズにして鑑賞するなど、自由に大きさを変更することができます。
また、手足はもちろん、指までミリ単位で調節することができ、表情も変更できるため、自分の好きなアニメのシーンを再現することが可能です。

「目玉おやじ」は他のARフィギュアの頭や肩に乗せる事もできるので、様々な組み合わせw楽しむ事ができます。

販売価格

アプリ:無料
ARフィギュア「ゲゲゲの鬼太郎」:3,780円(税込)
ARフィギュア「目玉おやじ」:1,620円(税込)
ARフィギュア「ねこ娘」:3,780円(税込)

リ「ゲゲゲの鬼太郎」販売ページ

「目玉おやじ」販売ページ

「ねこ娘」販売ページ

■「ゲゲゲの鬼太郎」xRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」

アニメ化50周年を記念し、東映アニメーション株式会社、Gugenka®、株式会社ダイナモピクチャーズは「ゲゲゲの鬼太郎」xRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」を発表いたしました。
世界的に評価の高い「ゲゲゲの鬼太郎」がもつ日本ならではの世界観と「xR(AR/VR/MR)、3DCG」といった最先端技術を組み合わせたアート作品を東映アニメーション完全監修のもと制作いたします。

ゲゲゲの鬼太郎 xRデジタルアートプロジェクト

■アプリ「HoloModels」

アプリ名:HoloModels™(ホロモデル)
販売価格:アプリ無料 (App Store)
対応端末:iPhne6s以降のARKit対応デバイス

HoloModels™公式ページ

■Gugenka関連記事

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」とARアプリ「HoloModels」のコラボ第一弾ARフィギュア『バン』が本日9月20日発売
生放送アニメ「直感×アルゴリズム♪」のARフィギュア『Xi(シー)』が東京ゲームショウ2018にて無料配布決定!
アニメ映画「楽園追放」のヒロイン『アンジェラ』がARフィギュアになって登場!
東京ゲームショウ2018にて「東雲めぐトークライブ」や「人気アニメのVR/AR体験会」が開催!

■関連リンク

Gugenka® 公式HP
https://gugenka.jp/

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
©HoloModels™/©Gugenka®

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8