設計者向けの次世代VRプレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」のサービス提供が開始







VRコンテンツの制作を行う株式会社積木製作(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:城戸太郎)は、建築や製造業等の設計者向けに3Dデータを活用したVR(バーチャルリアリティ)プレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」の開発、サービス提供を開始を発表しました。

VR CAD Viewer」はPCを使わずにケーブルレスで自由にプレイできるVR機器を用いて、手軽に3Dデータを閲覧できることが特徴。
Lenovo社製のDaydream対応スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を採用している。
大手建設会社の株式会社竹中工務店「学校法人慈恵大学 新外来棟(仮称)新築工事設計室」では既に本サービスが利用されており、デザインの確認やプレゼンテーションにて活躍しているとのこと。

■特徴

PCを必要とせず、ケーブルレスで自由にプレイできるVR機器で、手軽に3Dデータを閲覧する事ができるシステムです。
Lenovo社製のDaydream対応スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を採用。辺りを見回す頭部の動きだけでなく、ユーザーの前後左右、上下への移動を検知することが出来る6軸トラッキング(6DoF)をヘッドセット単体で実現しており、空間内を歩き回る、見上げる、近づく、覗きこむというデザイン確認に必要な動きを可能とし、非常に高い没入感を提供します。VR体験者が見ている映像は外部ディスプレイに転送し、同じ映像を共有しながらプレゼンテーションを行う事が可能です。またVRヘッドセットを複数台用意することで、同一空間に一緒に入る事ができ、その場に一緒に存在している様な状況を再現します。3Dデータを受領してから、早ければ数日で変換が完了し、意思決定の速度を損なうことなく設計内容の確認、共有が可能になります。

■建築業界で必須となりつつあるBIMデータを最大限に活用

意匠から設備、構造、施工、コストなど建築において必要な情報を統合管理した総合情報構築システムであるBIM(Building Information Modeling)データから意匠に関わる3Dモデルのみを抽出する事で、効率的にVR閲覧環境を構築します。データの変換には様々なプラットフォームに対応し、汎用性の高いゲームエンジン「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が展開するサービス「Unity BIM Importer」を利用、形状や仕上げ素材、照明の情報をそのままVRへと変換します。

■竹中工務店「学校法人慈恵大学 新外来棟(仮称)新築工事設計室」で本サービスを利用

大手建設会社の株式会社竹中工務店「学校法人慈恵大学 新外来棟(仮称)新築工事設計室」では既に本サービスを利用し、自社内でのデザイン確認、施主へのプレゼンテーションに活用しています。設計者が作成したBIMデータを活用し、本サービスにてスピーディーにVR化しています。設計者に継続的に利用して頂き、フィードバックを受けて本サービスの改良に繋げていく予定です。

■株式会社積木製作 会社概要

所在地:東京都墨田区江東橋2-14-7錦糸町サンライズビル9F
設立:2003年9月1日
URL:http://tsumikiseisaku.com/
本製品URL:http://tsumikiseisaku.com/vrox/vrtraining/

引用:株式会社積木製作 プレスリリース|PRTIMES

ゼロのひとこと

こないだも「安全体感VRトレーニング」を発表してたところですね、こうやってVRが日常に浸透していくのは未来を感じる(‘ω´*)
hello, world
hello, world
posted with amazlet at 19.05.27
Kizuna AI
upd8 music (2019-05-15)
売り上げランキング: 521