「VR菊月(仮称)」も視野に。駆逐艦「菊月」の3Dモデル制作のクラウドファンディングが始動







旧日本海軍の駆逐艦「菊月」の戦友会「駆逐艦菊月会」(事務局:愛知県瀬戸市、幹事:堀江仁貴)は、「菊月」の顕彰を狙いとする、MMDなどの3DCGソフトウェアで利用可能な同艦の3Dモデルの制作と公開を、MITライセンスで実施するためのクラウドファンディングを、READYFOR株式会社が運営するクラウドファンディングサービス「Readyfor」にて、12月9日(月)より開始したことを発表しました。制作された3DはUnityでも動作するよう段階的にアップデートを重ね、最終的には「VR菊月(仮称)」として運用する見通しです。

■プロジェクト概要

・プロジェクトタイトル:『平和を考える。慰霊と顕彰の「菊月」3Dモデル化プロジェクト。』
・実行者名:駆逐艦菊月会
・公開期間:2019年12月9日(月)10時から2020年1月24日(金)23時まで
・目標金額:50万円
※目標金額に達しない場合、支援者に返金となるAll or Nothing形式を採用。
・リターン:5000円から10万円まで全4コース。
※プロジェクトの一部リターンには、令和元年12月1日公開の駆逐艦菊月最終時復元図バージョン2.0(https://github.com/kikuzukikai/kikuzuki-blueprint)を含みます。

プロジェクトページ

■MITライセンスについて

オープンソースソフトウェアライセンスの一つです。
「著作権の表示」と「ライセンス全文の表示」に従うことで、配布物を無料かつ自由に利用できます。

原文:https://opensource.org/licenses/mit-license.php
日本語訳:https://ja.osdn.net/projects/opensource/wiki/licenses/MIT_license

■関連リンク

駆逐艦菊月会公式HP

参考駆逐艦菊月会 プレスリリース

【Amazon.co.jp限定】SMASH The PAINT!! 初回生産限定盤 (デカジャケ付)
にじさんじ
にじさんじレコード (2020-03-18)
売り上げランキング: 24