“究極のリアル”を追求したVRドライビングシミュレーター「T3R」を活用した体感型車両開発ツールの提供が開始







AZAPAエンジニアリング株式会社と株式会社アイロックは、業務提携契約を締結し“究極のリアル”を追求したVRドライビングシミュレーター「T3R(ティースリーアール)」を用いた新しい車両開発ツールの提供を開始したことを発表。

「T3R」は、プロレーシングドライバーの経験と3Dフローティングフルモーション技術の融合により路面のうねり、振動、重力加速度を忠実に再現できるVRドライビングシュミレーター。
これまで体験型シミュレーターとして親しまれてきた「T3R」が、車両開発に知見のあるAZAPAエンジニアリングとの業務提携により、車両開発向けの新しい「T3R」の提供を開始しました。よりリアルで正確な車両評価を実現する”バーチャル・ラボ”として、車両設計・評価等の様々な場面で車両開発者の皆様をサポートしていくとのことです。

ドライビングシミュレーター「T3R」

■T3Rの特徴

・ドライバー操作(アクセル・ブレーキ・ステアリングの挙動など)のデータを取得できます。
・実車での実験データを「T3R」で再現、体感することができます。
・色々な路面状況を反映し、それぞれの路面状況での車両挙動をシミュレーションできます。
・官能評価に影響を与えた車両の挙動を数値データで取得し、テストドライバーの感性を設計にフィードバックしやすくします。
・2座席以上の仕様(運転席/助手席/後部座席)へのカスタマイズも可能です。
・カーナビや各種スイッチ類の連接も可能。視認性や操作性の評価に活用できます。
・開発中のシートを設置し、乗心地や長時間走行時の疲労度などの確認も可能です。

T3R特設サイト

■関連リンク

AZAPAエンジニアリング株式会社
株式会社アイロック

参考AZAPAエンジニアリング株式会社 プレスリリース

【Amazon.co.jp限定】SMASH The PAINT!! 初回生産限定盤 (デカジャケ付)
にじさんじ
にじさんじレコード (2020-03-18)
売り上げランキング: 24