バーチャルYouTuberを題材とした海外向けのショートドキュメンタリーが公開







海外向けに日本のカルチャーを中心とするショートドキュメンタリーを制作するArchipelは、バーチャルYoutuberを題材とした新たなドキュメンタリーを公開しました。

動画では、今日本で話題となっているVTuberの動向や実態を紹介しつつ、Activ8株式会社代表取締役の大阪氏やVR開発者、ファンやキズナアイ等にインタビューを実施。
VTuberがなぜ流行ったのか、その魅力や存在意義についてが赤裸々に語られています。

その中でキズナアイは、バーチャルなアバターのことを「人間の可能性を引き出す重要なツール」と表現し、今後もっと普及していってもらいたいという想いを語りました。

今後さらなる発展を遂げるであろう「バーチャルな存在」が、どのようにして世の中に広まっていくのか。

”人類総アバター”の時代は思ったよりもすぐそこまで来ているのかもしれません。

■Archipel(アルシペル)

Archipel YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC3zoY9LapZERsN7caDKqz0w
Archipel Twitter
https://twitter.com/sailtoarchipel

Text by zero

clear/CoLoR(初回生産限定盤)(DVD付)
YuNi
SMM itaku (music) (2019-04-24)
売り上げランキング: 8