未来のコンビニを体験。SHOWROOMとローソンが「バーチャルクルー」の共同研究を開始







仮想空間ライブプラットフォーム「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社は、株式会社ローソンと共同で「バーチャルクルー」の活用に向けた研究開発を行うことを発表。

SHOWROOMとローソンは、遠隔配信でお客とのリアルタイムな会話を可能にし「生きてそこにいることを感じられる」こと、SHOWROOMの配信者に向けてバーチャルクルーとして新しい活躍の場を提供すること、これら双方を手掛けていくとのこと。

2018年10月16日(火)から19日(金)まで幕張メッセにて行われる「CEATEC2018」では、ローソンブースにてバーチャルクルーによる接客の先行体験が可能。
遠隔操作されたバーチャルクルーがお客さまの質問に答えたり体調に合わせて商品をリコメンドする他、「調理ロボット」による味付けのカスタマイズ、電子タグ(RFID)を活用した決済方法など、”未来のコンビニ”を体験することが出来ます。

未来のローソン体験エリア(イメージ)

CEATEC2018 ローソンブース

バーチャルクルーはVR/AR/MRのアプリメーカーGugenkaの「MakeAvatar」というキャラメイクシステムにより制作されており、親しみやすく魅力的なキャラクターになっているとのこと。
MakeAvatarはVTuber「東雲めぐ」にも起用されている。

関連記事スマホで自分だけの3DCGアバターが作れるアプリ『Make avatar』が開発中!

SHOWROOMは、自動化が進む未来のコンビニエンスストアが今と同じく地域に根ざした場となるように、培ったコミュニティ発想を実装していきます。

■CEATEC JAPAN 2018とは

「つながる社会、共創する未来」を掲げ、CPS/IoTを活用し、あらゆる産業・業種による「共創」を基本としたビジネス創出と、技術および情報交流などを一堂に会する展示会。

開催日程:2018年10月16日(火)〜19日(金)午前10時〜午後5時
URLhttps://www.ceatec.com/ja/

■関連リンク

SHOWROOM株式会社
http://showroom.co.jp/
株式会社ローソン
https://www.lawson.co.jp/
Gugenka® 公式
https://gugenka.jp/

hello, world
hello, world
posted with amazlet at 19.05.27
Kizuna AI
upd8 music (2019-05-15)
売り上げランキング: 521