クレオフーガが「VTuber×Music」プロジェクトを発表 第一弾として『ときのそら』とのコラボ企画を予定







株式会社クレオフーガは、バーチャルタレントと音楽クリエイターの活躍を相互にサポートし合うことを目指す取り組み「VTuber×Music」を12月25日(火)より開始。
その第一弾として、カバー株式会社が運営するバーチャルタレント「ときのそら」とのコラボレーション企画を予定していることを発表しました。

今後はVTuberのオリジナル曲募集コンテストやアレンジ曲募集コンテストの企画を予定しているとのこと。

■VTuber×Music プロジェクトについて

VTuber×Musicは、バーチャルタレントと音楽クリエイターが活躍を相互にサポートし合うことを目指すプロジェクト。
2018年ネット流行語大賞で金賞を受賞するなど、注目を集める「VTuber」は2018年7月10日時点で4,000人を超え、YouTubeチャンネルの登録者数の合計は1,270万人、動画再生回数は7億2,000万回に上っており、今後もさらなる活躍が期待されています。

また、昨今ではVTuberと有名作曲家によるコラボレーションなどが業界で注目を集めており、今後、VTuberと繋がりを持ちたいクリエイターはますます増えることが予想されます。
当社は、音楽コンテストサービス『CREOFUGA』では 20,000 人、ストックミュージックサービス『Audiostock』では 8,800 組を超える音楽クリエイターとのネットワークを構築しており、ここで活躍するクリエイターを巻き込むことで、VTuberと音楽の取り組みをさらに盛り上げ、これまで接点を持つことがなかなか難しかったVTuberと音楽クリエイターの橋渡しを行い、新たなコラボレーションが生まれる機会を提供してまいります。

VTuber×Music 特設ページ

<出典>
株式会社ユーザーローカル「ユーザーローカル バーチャルYouTuberランキング」調査
『ガジェット通信 ネット流行語大賞2018 ねとらぼといっしょ!』

■第一弾 バーチャルYouTuberアイドル「ときのそら」とのコラボレーション企画

VTuber×Musicの取り組み第一弾として、カバー株式会社が運営するバーチャルYouTuberアイドル「ときのそら」とのコラボレーション企画を予定しています。
「クリエイターと共創し、 世界で通用する新しいバーチャルタレントの文化を生み出す。」を理念に掲げるカバー株式会社と「音楽を生み出す人をハッピーにする」を理念に掲げるクレオフーガは「クリエイターの活躍を支援する場を広げる」というVTuber×Musicの理念に共感し、バーチャルタレントと音楽クリエイターの活躍支援のために本取り組みをスタート。VTuberと音楽クリエイターのコラボレーションによって、相乗効果が生まれることを目指します。

■「ときのそら」とは

2017年9月から活動を開始し、2018年12月現在でチャンネル登録者数は20万人。
今年5月には衣装が新しくなり、アイドルに向かって1歩ずつ成長中。
歌とピアノとホラーゲームが大好きで、歌ってみた動画やホラーゲーム実況動画が人気。苦手なものは虫と暗記もの。
親友かつ裏方担当の「友人A」とクマのぬいぐるみ「あん肝」と一緒に活動中で、生放送はファンとのふれあいの場として大切にしている。
夢は一人前のアイドルになって横浜アリーナでライブをすること。そのために色んなことに日々チャレンジしているが、コンビニ店員の真似や食レポ、10秒ピッタリでストップウォッチで止めるチャレンジなど、脱線気味なことも多い。

ときのそらチャンネル

Twitter

参考株式会社クレオフーガ プレスリリース

hello, world
hello, world
posted with amazlet at 19.05.27
Kizuna AI
upd8 music (2019-05-15)
売り上げランキング: 521